Baseball Gate

プロ野球

元守護神・クルーン氏 浜スタで“登板”も山なり71キロ

 ◇交流戦 DeNA6―3オリックス(2017年6月16日 横浜)

OB1打席対決で吉岡氏に投げるクルーン氏

 DeNAは元守護神のマーク・クルーン氏(44)が近鉄OBの吉岡雄二氏(45)と1打席対決に臨んだ。

 巨人時代の08年に当時日本最速の162キロを計測した右腕だがブルペンで右肩に違和感を感じ、初球は71キロ。2球目も山なりのボールしか投げられず中前に運ばれた。かつての速球王の威厳は示せなかったが「応援を送ってくれてうれしかった」と感謝した。