Baseball Gate

プロ野球

岡田リーグトップの7勝目!広島東洋が3連勝で今季最多貯金17!

1回、2ランを放ちナインに迎えられる広島・安部=マツダ【写真提供:共同通信社】


 広島東洋がオリックスに7対2で快勝した。

 広島東洋の2連勝で迎えた今カード3戦目は、初回で勝敗の行方が決まった。オリックスの先発・ディクソンに対し、広島東洋が四球と相手失策で作ったチャンスに丸のタイムリーで先制。さらにエルドレッドのタイムリーで追加点を奪った後、安部が「甘く来た球を積極的にいった」という2ランをお見舞い。いきなり打者9人の猛攻で一挙5点を奪って試合の主導権を握った。さらに6回にはエルドレッドが「いいポイントで捉えることができた。いい手応えだった」というソロ本塁打で突き放し、8回にも會澤のタイムリーと、効果的に追加点を奪った。

 先発の岡田は、4回に2ランを浴びたが、それ以外は危なげない投球で6回を7安打2失点でリーグ単独トップに並ぶ7勝目。エルドレッドが本塁打を含む2安打2打点で勝利に貢献し、チームは交流戦2度目の同一カード3連勝。対オリックス戦の連勝は3年越しの9連勝となった。

 敗れたオリックスは、先発のディクソンが4回5安打5失点(自責1)で降板。4回にロメロの2ランで2点を返したが、その後は走者を出すも岡田を捉えきれずに計8安打も連打が出たのは6回だけで、決定的な場面を作ることができず。ディクソンの後の2投手も失点を重ね、終始相手ペースの完敗だった。