Baseball Gate

プロ野球

広島が3連勝、岡田明丈が今季7勝目…オリックスはディクソンが誤算


広島は6月15日、マツダスタジアムでオリックスと対戦。先発の岡田明丈投手が好投を見せるなど投打がかみ合い7-2で勝利。3連勝を飾った。

広島は初回、無死一、二塁の好機を作ると、丸佳浩外野手が適時二塁打を放って2点を先制。続く好機に、安部友裕内野手の今季第1号となる2点本塁打が飛び出すなど、5-0とリードを広げた。

その後、オリックスに2点を返されるも、6回裏にはエルドレッド内野手が今季第16号のソロ本塁打を放ち6-2。8回裏にも加点するなど終始試合の主導権を握った。

投げては、先発の岡田が6回2失点の好投を見せて今季7勝目。敗れたオリックスは、先発のディクソン投手が初回に5失点を喫するなど、リズムを作れなかった。

関連リンク