Baseball Gate

プロ野球

北海道日本ハムが延長勝ち越し!中日・田島が痛恨の暴投…

中日―日本ハム  12回日本ハム1死二、三塁、打者田中賢のとき、田島の暴投で三走大累が勝ち越しの生還=ナゴヤドーム【写真提供:共同通信社】


 北海道日本ハムが延長戦の末に7対5で中日に勝利。12回表に相手の暴投などで2点を挙げた。
 中日は初回、北海道日本ハムの先発・斎藤佑の立ち上がりを攻め、ゲレーロと藤井の2点タイムリーで一挙4点を奪う。しかし北海道日本ハムが2回表に4番・中田の7号ソロで1点を返すと、斎藤佑が2回以降は立ち直って5回までの4イニングをひとりの走者も許さない完璧な投球を披露した。

 迎えた6回表、北海道日本ハムが2死から松本と西川の連打で好機を作ると、中田の右中間を破る2点タイムリー2塁打とレアードのタイムリーで同点。さらに7回表、1死満塁の場面で西川のセカンドゴロの間に1点を勝ち越した。しかし、2回以降は好機すら作れないでいた中日が土壇場の9回裏に反撃。1死からゲレーロの18号ソロで振り出しに戻した。

 延長戦に入り、再び試合が動き出したのは12回表。中田とレアードが四球を選ぶと市川が犠打を決めて1死2、3塁とすると、田島の暴投で1点を勝ち越し。さらに、中島が放った三塁への打球がゲレーロのフィルダースチョイスを誘って2点リード。12回裏は谷元が締めくくった。

 勝利投手は11回裏にマウンドに上がり3者凡退の好リリーフを見せた公文がプロ5年目にして初勝利。敗れた中日は先発の大野が5回2/3を6安打4失点で降板。打線が粘りを見せたが、5番手で登板した田島が1イニング目は何とか無失点に抑えたが、2イニング目に自らのミスもあって失点。今季3敗目を喫した。