Baseball Gate

プロ野球

中村が甲子園初アーチで12球団本拠地制覇!埼玉西武が逃げ切り勝ち!

阪神―西武  3回西武2死一、二塁、中村が右中間に3ランを放つ=甲子園【写真提供:共同通信社】


 埼玉西武が4対2で阪神に勝利。4番・中村が4打点の活躍を見せた。
 
 埼玉西武は初回、2死から秋山、浅村の連続四球でチャンスを作ると、中村がライト前にタイムリーを放ち1点を先制。3回にも2死から秋山、浅村の連打で1、2塁とすると、中村が今度は右中間へ3ラン。この一発が中村にとっては甲子園初アーチとなり、全12球団の本拠地で本塁打をマークしたことになった。

 クリーンアップの活躍で序盤に4点の援護をもらった埼玉西武の先発・岡本は3回までパーフェクト投球。阪神の中軸に計6安打されたが、6回途中を2失点で踏ん張った。そして6回途中からは武隈が好リリーフ。その後を牧田、シュリッター、増田とつないで逃げ切りに成功。対戦成績を1勝1敗の五分とした。

 敗れた阪神は先発・能見が5回まで毎回の9つの三振を奪う一方、一発を浴びるなど4失点。序盤に沈黙していた打線は5回に中谷、鳥谷の連打で無死2、3塁とすると、俊介の内野ゴロと梅野の犠牲フライで2得点。確実な攻めで点差を縮めることに成功したが、その後に作った2死1、2塁、6回の1死2、3塁のチャンスではあと1本が出ず。9回にも先頭・鳥谷が安打を放ったが後が続かず競り負けた。