Baseball Gate

侍ジャパン

【6月13日プロ野球全試合結果】ロッテ・石川歩が待望の今季初白星、巨人・菅野智之が完投で7勝目、楽天・松井稼頭央が猛打賞5打点


■巨人、菅野智之が完投で今季7勝目…ソフトバンクは打線が沈黙

巨人は6月13日、東京ドームでソフトバンクと対戦。先発の菅野智之投手が完投で今季7勝目を挙げ、5-1で勝利した。

巨人は3回裏、2死二塁の好機を作ると、坂本勇人内野手が適時打を放って1点を先制。4回裏には小林誠司捕手が適時打を放ち2-0。7回裏には坂本が再び適時打を放ち3-0とリードを広げると、マギー内野手に適時二塁打が飛び出し、5-0とリードを広げた。

投げては、菅野が9回10奪三振1失点の快投を見せ、勝利に貢献。敗れたソフトバンクは、先発の東浜巨投手が7回途中5失点、打線は3安打と投打が振るわなかった。

■楽天、打線爆発でヤクルトに大勝…松井稼頭央が猛打賞5打点

楽天は6月13日、神宮球場でヤクルトと対戦。15安打を放つ猛攻を見せ、12-3で大勝した。

楽天は初回、無死三塁の好機を作ると、ペゲーロ外野手が適時打を放ち1点を先制。続く無死二、三塁の場面で松井稼頭央外野手が適時打を放ち3-0とリードを広げた。3回表には再び松井が適時打を放ち5-0。5回以降は毎回加点し、終始試合の主導権を握った。

投げては、先発の釜田佳直投手が6回2失点の好投を見せて今季3勝目。敗れたヤクルトは打線がわずか3安打、先発の石川雅規投手が5回6失点と振るわなかった。

■ロッテ、投打がかみ合いDeNAに快勝…石川歩の今季初白星に「今年は勝てないかと…」

ロッテは6月13日、横浜スタジアムでDeNAと対戦。先発の石川歩が7回1失点の好投を見せ、7度目の先発で待望の今季初白星。8-1で快勝した。

長かった。昨季の最優秀防御率投手であり、今年開催されたワールド・ベースボール・クラシックでは侍ジャパンの開幕投手を務めた石川が、ついに今季初初勝利を挙げた。

ロッテは初回、1死三塁の好機を作ると、角中勝也外野手が適時打を放ち1点を先制。6回表には、2死満塁の好機で田村龍弘捕手に走者一掃の適時二塁打が飛び出すなど、一気に5点を追加。6-0とリードを広げた。投げては、石川が7回9奪三振無四球の快投。敗れたDeNAはリリーフ陣が打ち込まれるなど誤算だった。

ロッテファンからは「石川さん今季初勝利おめでとうございます! この調子で頑張ってください!まだまだ巻き返せます!」「石川投手おめでとう!やっと勝ちがついてほっとしてます。パリーグ相手でも本来の今日のピッチングが出来れば必ず抑えられます」「今年は勝てないかと思っていた。この勝利はチームにとって大きい!」「石川、今季初勝利おめでとう!この勢いで明日も勝ちましょう!」など、石川の初勝利を祝福する声が多数寄せられていた。

■中日、日本ハムとの接戦を制す…ビシエドが2発の活躍「ホントに頼りになる」

中日は6月13日、ナゴヤドームで日本ハムと対戦。主砲・ビシエド内野手が2本の本塁打を放つなど活躍し、7-5で接戦をものにした。

中日は0-3と3点ビハインドで迎えた1回裏、ビシエドが2点本塁打を放ち1点差に詰め寄る。2回裏には、松井雅人捕手の適時打で同点とすると、続く2死二塁の場面で京田陽太内野手に適時打が飛び出して勝ち越しに成功した。

その後、4-5と日本ハムに逆転されて迎えた6回裏、ビシエドのこの日2本目となるソロ本塁打で同点とすると、8回裏には、1死二塁の好機でゲレーロ内野手の適時二塁打で勝ち越しに成功した。投げては、3番手の岩瀬仁紀投手が今季2勝目。敗れた日本ハムは、先発のマーティン投手が5回5失点と誤算だった。

ファンからは、「今日の点の取り合いはおもしろかった!取られても取れるような流れを作れるようになって嬉しい!」「最高の勝ち方!平田は、あの打球方向で、もう大丈夫!打ちまくりますね」「ホントに頼りになる助っ人外国人ですネ。ありがとうございます」などの声が寄せられていた。

■阪神、投打がかみ合い西武に快勝…秋山拓巳が7回途中2失点

阪神は6月13日、甲子園球場で西武と対戦。投打ががっちりとかみ合い、7-2で快勝した。

阪神は0-0で迎えた2回裏、1死一、二塁の好機を作ると、俊介外野手が適時二塁打を放って2点を先制。その後、西武の一発攻勢で同点とされるも、4回裏には俊介がソロ本塁打を放ち3-2と勝ち越しに成功した。終盤にも糸原健斗内野手の適時打などで効果的に加点した阪神が、終始試合の主導権を握った。

投げては、先発の秋山拓巳投手が7回途中5奪三振2失点と好投し、今季6勝目。敗れた西武は、阪神を上回る9安打を放ちながらも好機を生かせなかった。

■広島、薮田和樹が8回11奪三振無失点…オリックス・金子千尋に投げ勝つ

広島は6月13日、三次きんさいスタジアムでオリックスと対戦。先発の薮田和樹が8回11奪三振無失点の快投を見せ、1-0で勝利した。

広島は0-0で迎えた8回裏、1死二塁の好機を作ると、田中広輔内野手が値千金の適時二塁打を放って土壇場で先制。試合の均衡を破る。投げては先発の藪田が快投を披露し、オリックスのエース・金子千尋投手との投げ合いを制した。

敗れたオリックスは打線が4安打と振るわず、好投の金子を援護できなかった。

オリックスファンからは、「千尋はさすがやね!好調広島打線を1失点なんやから!」「エースの投げる試合は勝たないと…ミスどうこうよりも、まず打たんことには始まりません」「千尋ちゃんの完投負けは悔しい!」「エースを見殺しにするな」などの声が寄せられていた。

関連リンク