Baseball Gate

プロ野球

阪神ドラ2 小野 初勝利ならず 痛かった6四球「早い段階から修正しないといけなかった」

 ◇交流戦 阪神2―5ソフトバンク(2017年6月11日 ヤフオクD)

<交流戦、ソ・神3>初回無死、川崎に四球を出し汗を拭く小野 

 阪神先発のドラフト2位ルーキー・小野は5回2/3を投げ、4安打3失点でプロ入り初勝利を逃した。

 初回、4四球を与えるなど、2点を献上すると、3回にも四球がらみで1点を失った。尻上がりに調子を上げていったが、最後の6回も四球を与え、被安打は4本だったが6四球で降板となった。

 小野は「ボールが上ずってしまい、初回からフォアボールを出してランナーをためてしまいました。早い段階から修正しないといけなかったです」と反省を口にした。