Baseball Gate

プロ野球

オリックスが粘りの逆転勝利!借金完済まで残り1!

オリックス―中日  4回、先制本塁打を放ち、前日は踏み忘れた本塁を両足で踏むオリックスのマレーロ=京セラドーム【写真提供:共同通信社】


 オリックスが終盤の逆転劇で、中日に5対3の勝利を収めた。
 
 序盤は松葉とルーキー・柳の投げ合いが続いたが、4回裏にオリックスが1点を先制。「1番・ライト」で2試合連続出場し、前日は本塁を踏み忘れての“幻の本塁打”となったマレーロが、今度は文句なしの来日1号本塁打を放った。続く5回には武田の2塁打から若月の内野ゴロの間に2点目を奪って試合を優位に進めた。

 しかし、4回のピンチに三者連続三振を見せるなど、6回まで2安打無失点の快投を続けていた先発・松葉が、7回に突然崩れ、ビシエド、ゲレーロに2者連続本塁打を浴びると、続く藤井に2塁打を許して降板。2番手の近藤が2死後に代打・亀澤にタイムリーを浴びて逆転を許す展開となった。

 だが、試合はまだ動く。8回裏に西野の2塁打、マレーロの四球、安達の送りバントで1死2、3塁のチャンスを作ると、中島が中日の2番手・伊藤からライト線に2塁打を放ち、走者2人を迎え入れて逆転に成功。さらに1、3塁から小谷一がライトへ犠牲フライを放ってダメを押した。

 中日は、完全な負けムードの試合を助っ人コンビの力で逆転し、先発の柳も終盤まで粘りながらマウンドに立ち続けたが、プロ初勝利を掴むことはできなかった。