Baseball Gate

プロ野球

ロメロ弾で決着!オリックスが今季5度目のサヨナラ勝ち!

オリックス―中日 10回、サヨナラ2ランを放ったロメロ(中央)を祝福するオリックスナイン=京セラドーム【写真提供:共同通信社】


 オリックスが延長戦の末に4対2で中日にサヨナラ勝ちした。

 序盤は西、小笠原の両先発の投げ合いで3回を終えて0対0。4回表に中日が藤井のタイムリーで1点を先制したが、5回裏にオリックスが1軍登録即「1番・ライト」でスタメン起用したマレーロのタイムリー3塁打(打球は左中間フェンスを越えるも、打ったマレーロがホームベースを踏まずに通過して“幻のアーチ”に)で同点。直後の6回表に再び1点リードを奪われたが、その裏にヒットで出塁したモレルを武田の2塁打で迎え入れて再び同点に追い付いた。

 そして2対2の同点で迎えた10回裏、オリックスは中日の4番手・田島を攻め、無死1塁からロメロがレフトスタンドへアーチを架けて試合を決めた。オリックスの先発・西は粘りの投球で8回を7安打2失点にまとめて試合を作り、9回以降は平野、黒木が中日打線を封じて勝利に貢献。「外国人3人をオーダーに組み込んだけど、それがうまく機能したね」と福良監督。オリックスのサヨナラ勝ちは今季5度目となった。

 敗れた中日は、先発の小笠原が6回途中2失点の好投を見せたが、延長に入ってクローザーの田島が踏ん張りきれず。6月に入って初の連敗を喫した。