Baseball Gate

プロ野球

広島東洋が16安打12得点!ジョンソンが今季初勝利!

楽天―広島  今季初勝利を挙げ、ファンの声援に応える広島・ジョンソン=Koboパーク宮城【写真提供:共同通信社】


 広島東洋が12対3で東北楽天に大勝して連勝を6に伸ばした。
 
 東北楽天は塩見の登板回避により、戸村が急遽先発。対する広島東洋は、体調不良で戦列を離れていたジョンソンが開幕戦以来のマウンドに上った。試合は序盤から広島東洋ペース。2回表に1死2塁からバティスタがライト線を破る先制タイムリーを放つと、さらに西川のタイムリーとホームスチール成功で3点を先制。続く3回にも松山のタイムリーなどで3点を奪うと、終盤にも鈴木、安部のタイムリーなどで得点を重ね、終わって見れば計16安打で12得点を奪った。
 
 先発のジョンソンは、初回に先頭の茂木に安打を許すが後続をきちんと抑えて無失点。2回以降も走者は出しつつも本塁は踏ませず、打たせて取るピッチングで6回を6安打2失点の好投。昨季の沢村賞投手がようやく今季初勝利をマークした。

 敗れた東北楽天は、緊急登板した戸村が初回こそ三者凡退で切り抜けたが、2回から大きく崩れて2回0/3を6安打5失点と期に応えられず。そして終盤には菅原、森原の救援陣が炎上。最後まで不安の残る投手リレーとなった。