BASEBALL GATE

プロ野球

MVPは文句なしの岡本!「僕が前半戦打てなかったことは皆もう忘れてんじゃないかなと」爆笑もゲット

 ◇セCSファイナルステージ第4戦 巨人4―1阪神(2019年10月13日 東京D)

<CSファイナルS巨・神>MVPを受賞した岡本(撮影・森沢裕)

 セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第4戦が13日、東京ドームで行われ、5年ぶりにリーグ優勝を果たした巨人が3位から勝ち上がった阪神に4―1で逆転勝ちを収めてアドバンテージ1勝を含めて4勝1敗とし、2013年以来6年ぶり35度目の日本シリーズ出場を決めた。19日開幕の日本シリーズでは2位からパ・リーグCSを勝ち上がったソフトバンクと対戦する。

 MVPには、この日の5回にバックスクリーンへ同点ソロを放つなどCSファイナルステージ4試合で打率・533(15打数8安打)、3本塁打、7打点と大活躍した23歳の若き主砲・岡本が選ばれ「チームのためにと第一に思ってやっていたので。まさか自分が取れるとは思っていなかったですけど、良かったです」と控えめに喜んだ。

 淡々とした口ぶりをインタビュアーから指摘されると「勝ったことが…すごくうれしいです」とこれまた控えめに口にした岡本。これだけの結果を残した要因を聞かれると「やっぱり…えーと。初戦の1打席目に打てたことがちょっと気楽になったというのもあったかもしれないですけど、あんまり自分が打とうと思ってなかったんで…良かったです」とポツリ。

 9日の第1戦では初回、丸に続いて2者連続アーチを放って先勝し、お立ち台では「去年はヒット1本だったんで。きょうの試合で2本打ったんで…キャリアハイです」と“岡本節”さく裂で笑いを誘っていたが、この日も「僕が前半戦打てなかったことは皆もう忘れてんじゃないかなと思います」と話してスタンドの爆笑を誘っていた。