BASEBALL GATE

プロ野球

広島 レグナルトが痛恨の被弾…延長で敗れ連勝ストップ

 ◇セ・リーグ 広島2-3中日(2019年9月11日 マツダ)

<広・中>10回無死、京田にソロ本塁打を打たれたレグナルト(撮影・奥 調)

 広島が延長戦の末、中日に2-3で敗れ連勝が2で止まった。2-2のまま突入した延長10回、5番手レグナルトが京田に3号決勝ソロを浴び3敗目。打線は4回以降3安打のみと振るわず。先発の床田が6回8安打2失点と好投も勝利を手にすることが出来なかった。

 広島は初回、1死三塁から鈴木のニゴロを阿部が本塁へフィルダースチョイス。三塁ランナーの菊池涼が生還し1点を先制する。3回には2死一、三塁から会沢の中前適時打によって追加点。

 床田は4回まで二塁を踏ませず。安定感ある投球見せていたが5回、2死二塁から大島の右前適時打により1点を失うと、さらに2死一、ニ塁となって福田に左前適時打を浴び同点とされた。それでも6回8安打2失点と先発の役目を果たしマウンドを降りた。

 2-2のまま迎えた延長10回、5番手レグナルトが京田に痛恨の3号決勝ソロを被弾。最後まで中日リリーフ陣を打ち崩せず連勝を逃した。