BASEBALL GATE

プロ野球

中日 京田3号決勝ソロで延長制す!“鬼門”マツダ今季初勝利

 ◇セ・リーグ 中日3-2広島(2019年9月11日 マツダ)

<広・中>10回無死、京田は右越えにソロ本塁打を放ちタッチを交わす(撮影・奥 調)

 中日が延長戦の末、3-2で広島を下した。2-2で迎えた延長10回、京田が広島の5番手レグナルトから右翼へ3号決勝ソロ。8戦8敗だった鬼門マツダで今季初勝利。6番手の岡田が今季3勝目。3位広島とのゲーム差を再び4とした。

 小笠原は初回、1死三塁から先制を許す。鈴木のニゴロを阿部が本塁へフィルダースチョイス。三塁ランナーの菊池涼に生還された。3回には2死一、三塁から会沢に中前適時打を浴び失点。4回69球2失点ながらも0-2とリードを許した5回の打順で代打を送られた。

 チームは2点を追う5回、先頭の平田が出塁し、加藤に遊ゴロで1死二塁のチャンスを作ると与田監督が動く。先発・小笠原の打順で代打・堂上を送り勝負をかける。堂上は一飛に倒れるも大島が右前適時打を放ち1点を返すと、2死一、ニ塁となって福田に左前適時打が飛び出し同点に追いつく。

 5回からは三ツ間、6回は藤嶋、7回は福と無失点リレー。8回はR・マルティネスが1死一、三塁のピンチを招くも会沢を投直に打ち取り、飛び出した一塁走者の野間が戻れずダブルプレーで無失点。9回は岡田が三者凡退で延長戦に突入した。

 すると延長10回、いきなり試合が動く。先頭の京田が5番手レグナルトの3球目を捉えると、打球はそのまま右翼スタンドへ飛び込み決勝点となる3号ソロ。最後は祖父江が三者凡退に締め、今季初セーブを挙げた。