Baseball Gate

プロ野球

DeNA 決勝打の桑原「自分らしく元気出して精一杯」

 ◇セ・リーグ DeNA6―4巨人(2017年5月20日 横浜)

<D・巨>6回2死二、三塁 右前適時打を放つDeNA・桑原

 不振にあえいでいたDeNAの桑原が4―4の同点で迎えた6回裏2死二、三塁に決勝の適時打を放った。今季初のお立ち台にやや硬い表情で現れた桑原は、同点打のロペスに背中をさすられながら「緊張しています」と苦笑い。

 チャンスで打席を迎えたが「皆がつないでくれたチャンスを何とかものにしたい」と必死だった。打率は2割台前半とスランプに陥っており「自分が情けない。役割を果たせていない」と悔しさを口に出した。

 それでもこの一打をきっかけにしたいと前を向く。「これからは自分らしく元気出して精一杯がんばります」と笑顔。これにはもう一人の打のヒーロー・ロペスも手を叩いた。

 ロペスは先制2ランに同点適時打と3打点の活躍。「昨晩悔しい負け方をしたのでゆっくり休んで切り替えた」と臨んだ一戦で今季2度目の猛打賞もマークした。古巣・巨人との一戦は特別なようで「明日も勝って巨人に勝ち越したい」と意気込んだ。