Baseball Gate

プロ野球

原が今季初勝利!東京ヤクルトが逃げ切り勝ちで3連勝!

ヤクルト―阪神  今季初勝利を挙げファンの声援に応えるヤクルト・原樹=神宮【写真提供:共同通信社】


 東京ヤクルトが4対2で阪神を下して3連勝を飾った。
 東京ヤクルトの先発はプロ2年目のドラフト1位右腕・原樹。1回表に2三振を奪って3人で片づけると、1回裏に1番・荒木の四球、3番・山田のヒットなどで2死満塁として大引のタイムリー2塁打。3回表には山田のヒットと雄平の死球で1死1、2塁としてバレンティンがライトへタイムリー。東京ヤクルトが阪神の先発・岩貞から序盤3回までに3点を奪った。

 4月27日以来今季2度目の先発登板となった原は、140キロ台中盤のストレートに鋭い変化球で5回まで阪神打線を1安打1四球のみの無失点に抑える快投。6回に代打・伊藤隼に今季1号ソロを被弾したが、その後のピンチを凌いで6回4安打1失点でリリーフ陣にバトンタッチした。その後、打線が8回にバレンティンが今季6号ソロを放って逃げ切り勝ち。原が今季初勝利、秋吉が7セーブ目を挙げた。

 敗れた阪神は、打線が元気なく、伊藤隼の1発の後に8回に髙山の2号ソロを放って2点を奪うのが精一杯。先発の岩貞が5回4安打3失点で今季3敗目。チームは約1カ月ぶりの連敗を喫した。