Baseball Gate

プロ野球

大田が自己最多の5号3ラン!北海道日本ハムが快勝!

日本ハム―オリックス  3回、3ランを放った大田(33)を笑顔で迎える日本ハム・栗山監督=札幌ドーム【写真提供:共同通信社】


 北海道日本ハムが7対2でオリックスに快勝。連敗を2で止めた。
 浦野対山田の投げ合いで始まった一戦は、初回から一方的な北海道日本ハムペースになった。1回裏、杉谷のヒットを1塁に置いて、4番・中田のタイムリー2塁打で1点を先制すると、続く2回には西川のライト前への2点タイムリーで加点。そして3回には中田、レアードの連打で無死1、2塁とすると、6番・大田がセンターへ自身シーズン最多となる5号3ラン。「(最低でも)タッチアップとか、進塁打にできたらと右方向へフライを、思い切って打ちにいこうと思っていました。バットの真芯でしたけれど、センターフライかなという感じだったのでビックリしました。(シーズン自己最多5号も)まだまだです」という一発で、序盤3回を終えて6対0と大きくリードした。

 投げては、先発の浦野が5回を7安打ながら要所を締めて無失点と好投。6回以降は6投手が細かく繋いで相手の反撃を2点に抑え、浦野が今季3勝目を挙げた。

 対するオリックスは、今季初登板となった先発の山田が2回を4安打3失点(自責1)で降板すると、2番手の青山も3失点。打線は北海道日本ハムの10安打を上回る計12安打を放ちながらも、押し出し四球と内野ゴロの間に奪った計2点のみと拙攻が目立った。