Baseball Gate

プロ野球

ジョーダン好投&平田V打!中日が一矢報いる!

阪神―中日 8回中日1死二塁、平田が右越えに勝ち越しの適時二塁打を放つ=甲子園【写真提供:共同通信社】


 前日に続いて接戦となった試合は、中日が2対1で阪神に勝利した。

 中日は1点を追う5回、松井雅の2塁打とジョーダンの送りバントで1死3塁とすると、京田の高く弾んだゴロの間に松井雅が生還し、同点とする。8回には1死から荒木がこの試合3安打目となる2塁打で出塁し、続く平田のタイムリー2塁打で勝ち越しに成功した。

中日の先発・ジョーダンは、初回に先制を許したものの、その後は決定打を許さず8回途中を1失点。先発としてしっかり試合を作ると、三ツ間、岩瀬とつなぎ、最後は田島が締めて連敗を3で止めた。

阪神は初回、2死1、2塁から中谷がライト線へ適時2塁打を放つ。「得点圏の場面でまわってきた打席だったので、とにかく先制できるように、ランナーを還すことだけ考えて打ちにいきました。インコース気味のボールでしたが上手くバットを出せました」という一打で先制したが、その後はチャンスであと1本が出ず。先発・メッセンジャーは6回を除く毎回の12奪三振と力投したが、球数が100球を超えた8回に勝ち越しを許し、カード3連勝はならなかった。