Baseball Gate

大学野球

打線奮起し逆転勝ち!中央大が勝ち点3で全日程を終了【東都大学野球】

中央大vs専修大2回戦

逆転タイムリーを放った吉田(中央大)


ここ一番でのチャンスに打線が繋がった中央大が、4対7で勝利した。
3点ビハインドの3回、ヒットと犠打野選、四球で1死満塁とすると五十幡亮汰外野手(1年・佐野日大)のタイムリーで1点を返す。さらに続く内山京祐内野手(1年・習志野)が投手強襲のタイムリーを放ち1点差。専修大は打球を足に受けた金城乃亜投手(2年・糸満)から上野南斗投手(1年・大社)に交代。だが上野も中央大打線の勢いを止められない。吉田叡生内野手(※指名打者で出場/3年・佐野日大)の2点タイムリーで逆転に成功すると、その後も連続タイムリーで6点目。この回、5者連続タイムリーが飛び出す打者一巡の猛攻でリードを奪った。
 1点を返された直後の7回には、五十幡がタイムリー内野安打を放ちダメ押しした。
 2連勝の中央大は7勝5敗、勝ち点3で全日程を終えた。

対する専修大は3点を先行するも、集中打を浴びて序盤に逆転を許す。7回には2死から和田裕生内野手(4年・福岡大大濠)がソロを放ち、さらに3連打で満塁と一打逆転の好機を作るがあと一本が出ず。8回を除く全てのイニングでランナーを出し、中央大を上回る16安打を放つもホームが遠かった。

試合後、「谷底に落っこちてなかなか上がれなかった」とリーグ戦を振り返った指揮官。未勝利のまま入れ替え戦を迎えることとなったが、齋藤正直監督の表情は決して暗くない。「今日はいい感じだったんですけどね。最終回も諦めないで繋いだことに価値があります。スッキリして入れ替え戦を迎えられます」。
和田主将も同様に、爽やかに語ってくれた。「負けましたが、いい傾向が見えていると思います。入れ替え戦は今より強いチームになって、『やってやろう!』という気持ちです」。

今季3本目の本塁打を放つ和田(専修大)。3安打と存在感を見せた


専修大は引き分けを挟み10連敗で終えたが、監督や選手は悪い雰囲気を感じさせなかった。前を向き、開幕8連勝で優勝を決めた2部優勝校・立正大との入れ替え戦をしっかりと見据えている。

専修大 201000100=4
中央大 00600010X=7
【専】金城、上野、高橋(礼)―深水、大橋(将)
【中】畠中、鳥養、花城、鍬原―田畑
本塁打:専修大・和田《7回ソロ》

文・写真:山田沙希子