Baseball Gate

プロ野球

楽天が20安打大勝!則本が史上4人目の5試合連続2ケタ奪三振!

楽天―日本ハム 5回日本ハム2死、レアードを空振り三振に仕留め、雄たけびを上げる楽天・則本=盛岡【写真提供:共同通信社】


 東北楽天が15対6で北海道日本ハムに大勝した。

 盛岡での一戦。先手を奪ったのは北海道日本ハムだった。1回表、東北楽天の先発・則本の立ち上がりを攻め、岡の3塁打と近藤の四球で1死1、3塁として4番・中田がレフトへ先制3ラン。さらに2死1塁から7番・大田が2ランを放ち、いきなり5点を奪った。

 しかし2回裏、北海道日本ハムの先発・加藤に対して、東北楽天が1死1、2塁から藤田のタイムリーで1点を返すと、さらに2死後に茂木、ペゲーロ、ウィーラー、アマダー、銀次と5者連続タイムリー。この回、7安打で計6点を奪って試合をひっくり返した。

 力強い援護を得た則本は、序盤の投球が嘘のように立て直し、3回から7回までは無安打1四球で計12奪三振。史上4人目となる5試合連続2ケタ奪三振を記録。打線は1点差のまま迎えた7回裏、相手4番手の石井裕から2死2塁として、茂木、ペゲーロの連続タイムリーの後、ウィーラーが3試合連続となる6号2ランでダメ押しに成功した。

 敗れた北海道日本ハムは、先発の加藤が1回2/3を8安打6失点で降板。初回に5点を奪った打線が2回以降は則本の前に沈黙を続けると、7回に4点を失った後に8回にも5番手のエスコバーが守備のミスも絡んで5失点。4連勝のあと同一カード2連敗という後味の悪い敗戦となった。