Baseball Gate

プロ野球

秋田で6年ぶり白星!ウィーラーの3ランで東北楽天が逆転勝ち!

楽天―日本ハム 3回、逆転3ランを放ち、嶋(右)とタッチする楽天・ウィーラー。捕手清水=秋田【写真提供:共同通信社】


 秋田で開催された、首位の東北楽天と4連勝中の北海道日本ハムの一戦は、東北楽天が6対4で逆転勝ちを収めた。

 東北楽天の先発辛島はまず初回、先頭打者の西川を安打で出し、盗塁と内野ゴロで3塁まで進められると、中田の犠飛であっさりと1点を先制されてしまう。しかし2回以降はきっちり立て直し、5回までは全て三者凡退。6回表には先頭の西川を四球で歩かせ、盗塁と岡の適時2塁打で1点を失い、2死2塁の場面で降板したが、5回2/3で2失点と最低限の試合は作った。

 対する北海道日本ハムの先発は高梨。2回まで無失点で抑えたが3回裏、嶋と茂木の連打で1、2塁のピンチを招くと、ウィーラーに左中間スタンドへ運ばれ逆転を許す。「辛島が頑張って投げているし、秋田のファンの皆さまの前で打つことができてうれしいよ」とウィーラー。さらに4回裏には嶋の適時打で1点を追加され、続く茂木に四球を与えたところで交代を告げられた。

 北海道日本ハムは4対2の2点差で迎えた7回表。2つの四球と安打で作った2死満塁の好機に、西川が放った打球は三遊間へのゴロ、これが遊撃手茂木の失策を誘い、1点差に詰め寄る。ところが続く7回裏。東北楽天が2死2、3塁の好機を迎えたところで、今度は北海道日本ハムの三塁手レアードが平凡なゴロを1塁へ悪送球してしまい、2人の走者が生還。再び3点差。北海道日本ハムは8回表にも1点を返すが反撃もここまで。結果的には失策による追加点が致命傷となり、2連戦の初戦を落とした。
東北楽天は6回途中から福山、森原、ハーマン、松井裕と繋ぎ、先発の辛島が今季4勝目、松井裕が今季15セーブ目。チームは秋田の地で6年ぶりの白星を飾った。