Baseball Gate

プロ野球

黒木がプロ初勝利!オリックスが競り勝って連敗ストップ!

オリックス―ソフトB プロ初勝利を挙げポーズをとるオリックス・黒木=京セラドーム【写真提供:共同通信社】


 オリックスが3対2で福岡ソフトバンクに競り勝ち、連敗を6で止めた。

 金子対千賀の投げ合いで始まった一戦。4回裏にオリックスが1死1、2塁から伊藤のタイムリーで1点を先制するも、直後の5回表に福岡ソフトバンクが松田の6号ソロで同点。さらに5回裏にオリックスが中島のタイムリーで勝ち越すも、6回表に福岡ソフトバンクの上林が同点タイムリー。両者一歩も譲らない展開で2対2のまま7回を終えた。

 だがその中で福岡ソフトバンクにとっての誤算だったのは、先発の千賀の突然の降板。初回に背中の違和感でベンチへ下がった。その後に登板した石川、飯田が踏ん張ったが、工藤監督のゲームプランに狂いが生じたことは確かだった。

 そして迎えた8回裏、オリックスが福岡ソフトバンクの6番手・森を攻め、1死3塁から大城の犠牲フライで勝ち越しに成功。7回を7安打ながら2失点に抑えた先発・金子の粘りのピッチングも光り、2番手で8回を三者凡退で抑えた黒木が嬉しいプロ初勝利。満塁のチャンスを2度逃すなど、決定打不足は解消されないままのオリックスだが、「今いるメンバーでなんとか頑張るしかない。また明日です」と福良監督。我慢の戦いの中でも、ひとまず連敗を6でストップ。勝率5割復帰を果たした。