Baseball Gate

プロ野球

埼玉西武が1点差勝利!千葉ロッテは6連敗で早くも自力V消滅…

ロッテ―西武 西武に敗れ、肩を落として引き揚げるロッテナイン=ZOZOマリン【写真提供:共同通信社】


 埼玉西武が3対2で千葉ロッテに競り勝った。

 5連敗中の千葉ロッテは左腕のチェン、3連勝中の埼玉西武は右腕の野上が先発。ともに3回にチャンスを迎え、埼玉西武は外崎の内野安打から1死2、3塁、対する千葉ロッテは死球の平沢が3塁まで進んだが、ともに無得点。続く4回も両投手が無失点に抑えて0対0のまま試合が進んだ。

 だが、5回に試合が一気に動く。5回表に埼玉西武が1死から秋山が内野安打で出塁すると、続く源田もヒットでチャンスを広げ、浅村がレフト前タイムリー。さらに悪送球の後に中村もタイムリーを放って2者生還。埼玉西武が4連打で3点を奪ってチェンをKOした。

 対する千葉ロッテも5回裏に根元の2塁打の後に清田がタイムリーを放って1点を返したが、7回から埼玉西武が牧田、シュリッター、増田と継投策に入った中、8回にシュリッターからダフィーのタイムリーで1点を返したのみ。その前の7回の無死1、2塁のチャンスを逸したことが響いて同点にすることはできずに2対3のままゲームセット。埼玉西武の野上が3勝目、増田が5セーブ目をマークした。

 敗れた千葉ロッテは、これで今季ワーストの6連敗で5月は2勝11敗の低空飛行。この日、首位の東北楽天が勝利したために早くも自力優勝の可能性が消滅した。