Baseball Gate

大学野球

立大 単独首位で自力V復活 “21世紀初V”達成なるか

 ◇東京六大学野球春季リーグ戦第6週最終日 立大6―4早大(2017年5月16日 神宮)

1回2死二塁、立大・笠松は先制の中前適時安打を打つ

 立大が早大を下し7勝3敗の勝ち点3として単独首位に立った。この結果、立大に自力優勝が復活。今週末、第7週の明大戦に連勝すれば9勝3敗の勝ち点4。最終週、慶大が早大に連勝して勝ち点を4としても勝率で及ばず1999年(平11)以来の優勝となる。

 しかし東大を除く4校にも優勝の可能性は残されている。立大が明大に連敗した場合大混戦となる。明大は6勝4敗の勝ち点3で終了。法大も同週で東大に連勝した場合明大と勝ち点も勝率も並ぶ。そして最終週の早慶戦。慶大は早大に勝ち点を挙げれば優勝。早大は慶大に連勝すれば勝ち点3ながら勝率で上回り優勝となる。もし早大が慶大に2勝1敗なら慶大7勝5敗(勝ち点3)早大7勝5敗(同)前週の立大も7勝5敗(同)で3チームが並び、明大、法大が同勝ち点ながら勝率で上回り優勝プレーオフに進出する。

 今週の立大―明大戦が大一番となる東京六大学野球。立大が優勝すれば“21世紀初V”となる。