Baseball Gate

プロ野球

脇役たちが輝きを放った夜 ヤクルト“AON”トリオが奮起

 ◇セ・リーグ ヤクルト3―1広島(2017年4月21日 神宮)

<ヤ・広>4回2死一、二塁、大引は中前適時打を放つ

 3試合ぶりスタメンのヤクルト・大引が4回に中前適時打を放てば、5回には今季初先発の荒木が中越え1号ソロ。大引は「本当は初球の甘いフォークボールを打ちたかったが、結果的に安打が打ててよかった」と喜んだ。

 活躍した荒木、大引、西田の頭文字をつなぐと、くしくもプロゴルフの名選手、青木功、尾崎将司、中嶋常幸を示す「AON」と同じだ。脇役たちが輝きを放った夜だった。