Baseball Gate

MLB

MLBコミッショナー 将来的なストライク判定のロボット化示唆 

 ストライク判定をロボット化?大リーグ機構(MLB)のロブ・マンフレッドコミッショナーが、将来的なストライクゾーンの自動判定についての議論の必要性を口にした。

マンフレッド・コミッショナー

 メディアとの会合に出席し「遅かれ早かれ我々は、正確で迅速なコンピュータによるストライク判定の技術を手にする」と発言。さらに「それについて真剣に深く考える必要がある」とした。既に米独立リーグでは15年7月にコンピューターシステムによるストライク判定が試験的に実施された。また「シカゴ・トリビューン紙」が、同コミッショナーがネバダ州ラスベガスへ球団を移転するプランについて言及したと報道。記事では資金難で球場新設などが困難なアスレチックス、レイズが候補としマンフレッド氏が移転先を検討する場合は「ラスベガスの名が挙がるだろう」と話したとされる。

 昨年からNHL、NFLでもラスベガスを本拠地とするチームが出現。新たな動きとして米国内での関心を呼びそうだ。