Baseball Gate

プロ野球

デスパイネがサヨナラ犠飛!福岡ソフトバンクが4連勝!

ソフトバンク―楽天  12回ソフトバンク1死満塁、デスパイネがサヨナラの中犠飛を放つ=ヤフオクドーム【写真提供:共同通信社】


 福岡ソフトバンクが引き分け寸前の延長12回にサヨナラ勝ち。4対3で首位・東北楽天を下して4連勝を飾った。
 敵地でロッテに3連勝して意気揚々とホームに戻った福岡ソフトバンクだが、先発・中田の不安定な立ち上がりがその勢いを消してしまった。初回、2死1、2塁から銀次に先制打を許すと、2回には先頭の岡島にソロ弾を打たれて序盤から2点のビハインド。さらに5回にも茂木にソロ本塁打を打たれて5回1/3、3失点で降板した。

 一方、東北楽天の先発・釜田は、3回まで1人の走者も許さない完璧な立ち上がりを見せ、5回までに許したランナーは、4回2死からの柳田への四球と5回先頭のデスパイネのヒットのみ。あまりにも対照的な両先発の立ち上がりで、この試合の行方は決まったかに思われた。しかし、福岡ソフトバンクは6回裏2死走者なしから、中村の四球、今宮の内野安打、柳田の四球で満塁とすると内川がレフトへ2点タイムリー。デスパイネ四球の後、不調に苦しむ松田がレフトへタイムリーを放って同点に追いつく。

 そして3対3のまま迎えた延長12回裏、福岡ソフトバンクは先頭の中村のヒット、今宮の犠打のあと2つの四球で満塁とすると、デスパイネが左中間に犠牲フライを放ってサヨナラ勝ち。工藤監督は「最後に打ってくれたのはデスパイネだが、今日はリリーフ陣ががんばった1日だったと思う」と、5人の中継ぎ陣を称えた。