Baseball Gate

プロ野球

メッセンジャー好投&福留4安打爆発!阪神が連敗ストップ!

巨人―阪神  巨人に勝利し、声援に応える阪神・メッセンジャー=東京ドーム【写真提供:共同通信社】


 阪神が4対1で読売巨人を下して、連敗をストップさせた。
 読売巨人がマイコラス、阪神がメッセンジャーで開幕投手を務めた両助っ人が先発。いずれも3試合に登板し2勝0敗と好調なだけに、僅差の投手戦が予想された。試合が動いたのは1回表。阪神が1死1、2塁とチャンスを作ると、4番・福留が甘く入ったスライダーをとらえ、ライトスタンドへ先制3ランを放った。

 援護をもらった先発のメッセンジャーは1回裏、1死1、2塁のピンチを招くも、好調の4番・阿部、5番・マギーを連続三振で切り抜ける。3回裏には味方のエラーも絡み1死満塁とされるが、阿部の犠牲フライによる1点だけに抑えると、その後も低めにボールを集める丁寧なピッチングで追加点を許さず、8回を投げ10奪三振で今季3勝目をマーク。守護神ドリスも9回をピシャリと抑え、リーグトップの8セーブ目を記録した。

 ヒーローインタビューでメッセンジャーは、「今までと比べて一番よかった。(ボールを)低く集めることができ、梅野くんのリードにも助けられた」と、好リードの女房役を称賛。第1打席で先制3ランを放った福留が、第2打席以降も快音を響かせて4安打の大暴れを見せた。

 連勝が4でストップした読売巨人は、先発マイコラスが初回に3失点すると、6回まで4四死球と制球が定まらず、7安打4失点とリズムに乗れないまま降板。打線では立岡が2安打を放ったが、チーム全体としては5安打に抑え込まれた。