Baseball Gate

プロ野球

ベテラン左腕・石川が7回1失点の力投!広島東洋は今季初の3連敗…

ヤクルト―広島  6回広島2死二塁、丸を空振り三振に仕留め、ガッツポーズするヤクルト先発の石川=神宮【写真提供:共同通信社】


 東京ヤクルトが3対1で広島東洋に競り勝ち、チームの連敗を3で止めた。
 プロ16年目の石川対ルーキーの加藤の投げ合いで始まった一戦。東京ヤクルトは2回、西田のセンター前タイムリーで1点を先制すると、4回には大引きのセンター前タイムリーで2点目。1点差に詰め寄られた直後の5回裏には荒木が今季1号ソロを放って再びリードを2点に広げた。

 序盤3回を無失点に抑える抜群の立ち上がりを見せた石川は、その後も自慢の制球力を武器にテンポ良くアウトを重ね、7回113球を投げてソロ本塁打1本のみの8安打1失点で計8奪三振の力投で今季2勝目。8回を石山、9回を秋吉が締め、秋吉が2セーブ目を挙げた。

 一方の広島東洋は先発の加藤が6回5安打3失点と試合は作ったが、打線が石川の前に凡退続きで、5回に鈴木の2号ソロで1点を奪ったのみ。開幕ダッシュに成功して首位に立つ中で今季初の3連敗を喫した。