BASEBALL GATE

プロ野球

輝星 小園に先頭打者弾「打たれちゃいました」根尾は三振「小園みたいに打たれることもなく」

 ◇フレッシュオールスターゲーム2019 全イ―全ウ(2019年7月11日 楽天生命パーク)

<フレッシュオールスター全イ・全ウ>初回無死、小園に先頭打者本塁打を浴びる全イの先発・吉田輝(撮影・木村 揚輔)

 次代を担う若手有望選手による祭典「プロ野球フレッシュオールスターゲーム2019」が11日、宮城・楽天生命パークで行われ、日本ハムのドラフト1位ルーキー、吉田輝星投手(18=金足農)がイースタン・リーグ選抜の先発投手として登板。いきなり広島のドラフト1位ルーキー、小園海斗内野手(19=報徳学園)に先頭打者本塁打を浴びるなど1回2安打1失点で降板した。

 小園とはオール直球勝負。2ストライクからの4球目、外角高めの146キロを右翼スタンドへ叩き込まれた。

 その後、1死からウエスタン・リーグの3番に座った中日のドラフト1位ルーキー、根尾昂内野手(19=大阪桐蔭)と対戦。昨夏の甲子園大会決勝で敗れた相手は147キロ直球で空振り三振に斬って取った。

 小園との対決について聞かれた吉田輝は「高め空振り取れた瞬間は結構いけるかなと思ったんですけど、最後甘く入ってしまってホームラン打たれちゃいました」と苦笑い。根尾との対決については「あれは小園みたいに最後打たれることもなく、最後は自分のボールで決められたんで良かったです」と振り返った。

 「復帰登板でもあったんですけど、自分の思ったよりいいボールが投げられたし、楽しめたと思います」とフレッシュ球宴を堪能した吉田輝。「コーチャーやって、応援したいと思います」と2回以降は逆転勝利を信じてチームメートを応援する。