BASEBALL GATE

プロ野球

【福島】中畑清氏の母校・帝京安積 劇的なサヨナラ劇で2回戦に進出

 ◇第101回高校野球選手権福島大会1回戦 帝京安積6―5白河実(2019年7月11日 白河)

中畑さんの母校、帝京安積の佐久間稜がサヨナラヒットで笑顔を見せる

 劇的なサヨナラ劇で帝京安積が2回戦に進出した。9回に同点に追いつかれたその裏、1死一、二塁の好機で2番・佐久間稜(2年)が中越えに試合を決める二塁打を放った。

 「サヨナラヒットなんて初めてです。まっすぐを狙って甘く来たので思いきり打ちました。打った瞬間抜けたと思いました」

 秋、春と県大会には出場できなかった。打線のつながりが悪く、春以降少しずつ集中打が出るようになってきた。「負けたら3年生は最後。ずっと一緒にやりたいですから」と話した。安積商時代には元DeNA監督の中畑清氏(スポニチ本紙評論家)が在籍した。今は帝京大系列となり、ユニホームは東京の帝京と全く同じ。だが佐久間稜は「ユニホームは変わっても中畑さんは意識しますし、偉大な先輩です。中畑さんが行けなかった甲子園に行きたいです」とヒーローは笑顔で締めくくった。