Baseball Gate

プロ野球

バンデンハークが復活の今季初勝利!佐々木は力投実らずプロ初黒星…

ロッテ―ソフトバンク  ロッテに勝利し、ファンの声援に応えるソフトバンクのバンデンハーク=ZOZOマリン【写真提供:共同通信社】


 福岡ソフトバンクが4対0で千葉ロッテに2試合連続の完封勝ちを収めた。
 先発は今季0勝2敗と出遅れた来日3年目のバンデンハークと、4月6日の登板でプロ初登板初先発初勝利を飾ったドラフト1位ルーキー・佐々木。立ち上がりからともに持ち味を発揮し、両チーム無得点のまま4回まで試合が進んだ。

 迎えた5回表、ソフトバンクは1死後に髙谷が四球で出塁すると、2死1塁から1番・中村がレフトへタイムリー2塁打を放って1点を先制。4回まで6奪三振を記録していてバンデンハークは、5回以降もエンジン全開で8回まで毎回の11奪三振。打たれたヒットは2本のみで無失点の好投。味方打線が9回表に今宮が走者一掃のタイムリー3塁打を放って3点を追加すると、最後は森が締めてゲームセット。バンデンハークが自身の復活を告げる今季初勝利を挙げ、チームを3連勝に導いた。

 敗れた千葉ロッテは、佐々木が7回を5安打1失点の力投を見せたが、打線が前日の4安打よりもさらに少ない散発の3安打。2試合連続の無得点で4連敗。借金7を背負うことになった。