Baseball Gate

プロ野球

横浜DeNA・今永がプロ初完封!ロペスが3打点で援護!

広島―DeNA  プロ初完封で今季初勝利、捕手戸柱とタッチするDeNA・今永=マツダ【写真提供:共同通信社】


 横浜DeNAが4対0で広島東洋に完封勝ち。先発の今永が、好調な広島東洋打線を9回まで1安打に抑えてプロ初完封勝利をマーク。ロペスが2安打3打点の活躍で2年目左腕の今季初勝利に貢献した。

 序盤は今永と広島東洋・先発の床田の両左腕による投手戦となった。両チーム無得点の均衡が破れたのが4回。横浜DeNAが先頭打者の四球とヒットなどで2死2、3塁のチャンスを作り、ロペスのタイムリーで2点を先制した。6回には田中浩のタイムリーで追加点を挙げた横浜DeNAは、9回にもロペスのダメ押しとなるタイムリー二塁打で広島を突き放した。

 今永は初回の1死1、3塁のピンチで新井を併殺打に打ち取ってピンチを逃れると、2回以降は広島東洋打線に安打を許さず、プロ初完投、初完封を記録した。7回は2四球でピンチを迎えたが、タイムリーは許さなかった。「1回から長いイニングを投げることを意識して投げた」という今永は「自分自身が成長しているんだと、自分に期待して投げた結果」と喜んだ。

 広島東洋は床田が4回2失点で降板したのが誤算だった。打線が沈黙し、リリーフ陣も失点して今季初の完封負けとなった。7回には判定を巡ってのプレーで緒方監督が退場となるなど、後味の悪い敗戦となった。