Baseball Gate

プロ野球

中日が執念のサヨナラ勝ち!鳥谷が痛恨のエラー

中日―阪神  阪神にサヨナラ勝ちし、ファンの声援に応える中日・大島(左)と京田=ナゴヤドーム【写真提供:共同通信社】


 執念を見せた中日が4対3で阪神にサヨナラ勝ち。打線に大幅なテコ入れをした森采配が勝利に繋がった。
 4月12日の東京ヤクルト戦で今季初勝利を挙げた阪神・秋山と、リリーフとして5回無失点の好投を続けてきた中日・ジョーダンの今季初先発で試合開始。打線の決定力不足に苦しむ中日の森監督は、前夜の試合後に残したコメントどおり打順を大幅に入れ替える手を打ち、ルーキーの京田をプロ初となる1番に据え、3番・大島と4番・平田、5番・藤井のクリーンアップ。開幕から4番に座ってきたビシエドを7番に置き、ゲレーロをスタメンから外した。

 するとその効果が初回に出る。2番・荒木の安打に大島が2塁打で好機を広げると、平田がレフトへ犠牲フライを放って先制に成功した。中盤以降は互いが点数を取り合うシーソーゲームとなり、阪神が上本の2点タイムリーなどで勝ち越しに成功したが、8回裏2死2塁で、「自分がランナーを還そうと思って打席に入りました」と、大島がこの日4安打目となるタイムリーを放って同点。さらに9回裏には、先頭打者の堂上がレフト線へ放った2塁打をきっかけに2死2、3塁とし、ここで京田が放った打球が三塁手・鳥谷の失策を誘い、代走の工藤がサヨナラのホームを踏んだ。

 打順の組み換えが奏功した森監督は「チームとしてうまく回っていなければベンチが動いていくしかない。それでダメなら反省するだけ。選手がもっと動いていけば、もっといいことが起こるでしょう」とさらなる選手の奮起を期待。一方、接戦を落とした阪神は8回のマウンドに上がったマテオが1点を失い、9回は松田がピンチをつくって降板。最後は高橋が2死までこぎつけ、さらに京田を打ち取ったはずだったが、ミスによって痛い星を落とした。