Baseball Gate

プロ野球

巨人・育成出身の篠原慎平、プロ初登板初勝利…阿部慎之助が決勝犠飛


巨人は4月19日、鹿児島県立鴨池野球場でヤクルトと対戦。育成出身の篠原慎平投手がプロ初登板で好投し、1-0で勝利した。

巨人は初回、1死二、三塁の好機を作ると、主砲・阿部慎之助内野手が犠飛を放って1点を先制。以降は得点を奪えずも、先発の高木勇人投手をはじめ、高木が負傷降板した後を受けた2番手の篠原らが好投し、ヤクルト打線にホームを踏ませない。

その後、3番手で登板したルーキー左腕の池田駿投手、4番手のマシソン投手らも得点を与えず、最後はカミネロ投手が締めた。対するヤクルトは、先発のブキャナン投手が7回1失点の好投を見せるも、打線が巨人の投手リレーの前に沈黙した。

プロ初登板で3回を無失点に抑えた篠原が、嬉しいプロ初勝利を挙げた。

関連リンク