Baseball Gate

プロ野球

會澤サヨナラ打!広島東洋が土壇場で劇的な逆転勝利!

広島―DeNA  9回、サヨナラ打を放った会沢(27)を祝福する広島ナイン=マツダ【写真提供:共同通信社】


 広島東洋が横浜DeNAに4対3でサヨナラ勝ち。
 1点ビハインドの9回にエルドレッドのタイムリーで同点に追いつき、途中出場の會澤のサヨナラ打で逆転勝ちした。9回表を無失点に抑えた中田が今季2勝目。横浜DeNAは8回までの5投手が再三のピンチを切り抜けたが、抑えのパットンが誤算だった。

 先制したのは横浜DeNA。両チーム無得点で迎えた5回、広島東洋先発の野村から高城のスクイズで均衡を破り、さらに梶谷、ロペスのタイムリーで3点を先制した。横浜DeNA先発の濱口は、5回に押し出し四球で1点を失ったが、勝利投手の権利を得てマウンドを降りた。6回からは4投手の継投で、広島東洋の反撃を菊池のタイムリーの1点のみに抑えたが、抑えで登場したパットンが1点リードを守れなかった。

 広島東洋は8回まで11安打を放ちながら、再三のチャンスを生かせず8回まではリードを奪えなかった。それでも9回、新井、鈴木の連打でチャンスを作ると、エルドレッドのタイムリーで同点に追いつき、最後は「絶対に決めてやるという強い気持ちで打席に入った」という會澤のプロ入り初となるサヨナラ打で、今季初の連敗を阻止した。