BASEBALL GATE

侍ジャパン

ロッテ、交換トレード発表 高野「朝、連絡を受けビックリ」

 ロッテ・高野圭佑投手(27)と阪神・石崎剛投手(28)の1対1の交換トレードが4日、両球団から発表された。

 高野は広島・呉工から四国学院大、JR西日本と進み、16年ドラフト7位でロッテへ入団。通算41試合2勝0敗2ホールド、防御率6・85。常時150キロを超える直球が武器で今季は開幕1軍入りを果たしたが、登板は2試合だった。

 石崎は茨城・三和―新日鉄住金鹿島(現日本製鉄鹿島)から2015年ドラフト2位で阪神に入団。17年には26試合1勝1敗4ホールド、防御率1・17の成績を残し、18年に侍ジャパン入りしていた。通算58試合1勝1敗9ホールド、防御率3・00。

 高野は球団を通じ、長文のコメントを寄せた。「朝、連絡を受け、自分でもビックリしています。マリーンズファンの皆様、首脳陣の皆様、チームメートが大好きだったので寂しい気持ちはありますが、せっかくこのようないい機会をいただいたのでタイガースで結果を出せるように頑張りたいと思います。1年目から『高野の持ち味はストレートでドンドン押すことだ』とアドバイスを頂いていたので環境が変わっても自分の持ち味であるストレートでしっかりと勝負する投手でありたいと思います。最後になりますが3年半の間、熱い応援ありがとうございました。マリーンズファンの皆様の応援にすご後押しをしてもらいました。大好きでした。これからチームは変わりますが、熱く冷静に精いっぱい、頑張ります」。