Baseball Gate

プロ野球

埼玉西武が今季最多の16安打で10得点大勝!浅村4安打5打点&ウルフ3連勝!

ロッテ―西武  6回無失点で3勝目を挙げた西武・ウルフ=ZOZOマリン【写真提供:共同通信社】


 埼玉西武が10対2で千葉ロッテに大勝。今季最多の16安打で先発のウルフが無傷の3連勝を飾った。

 試合は初回から動く。1回表、埼玉西武は四球の秋山が2塁に進み、浅村、中村の連続タイムリーで2点を先制すると、2回には2死1塁から浅村がタイムリー2塁打。続く3回には山川が左中間へ今季1号2ランを放ち、序盤3回までに5点のリードを奪った。

 先発のウルフは、初回の2死2、3塁のピンチを凌ぐと、2回以降は“動くボール”を有効に使いながら安定感抜群のピッチングを披露。助っ人の快投に打線も応え、浅村が5回、9回にもタイムリーを放って4安打5打点の大暴れを見せるなど、打線が今季最多の16安打で計10点を奪取。ウルフは6回4安打無失点で今季3勝目を挙げ、日本球界復帰を果たした昨年7月からは7戦7勝。チームは貯金2となった。

 一方の千葉ロッテは、先発の唐川が2回2/3を8安打5失点と大誤算。打線もウルフの前に内野ゴロを重ね、ようやく8回に三木のタイムリー2塁打などで2点を返したが、9回にリリーフ陣が打たれて4失点。前日の涌井の好投をこの日に繋げることができずに今カード1勝2敗の負け越し。再び借金4となった。