Baseball Gate

プロ野球

クラインが投打で活躍して2勝目!横浜DeNAが6対3で東京ヤクルトに勝利!

 DeNA―ヤクルト  4回DeNA2死満塁、クラインが右前に逆転の2点打を放つ=横浜【写真提供:共同通信社】


 横浜DeNAが6対3で東京ヤクルトに勝利。今季5カード目で初の勝ち越しを決めた。

 ここまで4勝8敗1分けとなかなか調子の上がらない横浜DeNA。この日も初回にロペスの3号ソロで先制しながらも、3回に2点を奪われて逆転を許す展開となった。しかし4回、ヒットと2四球で2死ながら満塁のチャンスを掴むと、投手のクラインがライト前へ逆転の2点タイムリー。続く5回には荒波、ロペス、そして倉本の3本の2塁打で2点を追加してリードを広げた。

 自らのバットで試合の流れを呼び込んだ先発・クラインは、3回と6回にバレンティンに2本のアーチを浴びたが、それ以外は粘りの投球を披露して5回1/3を4安打3失点(自責2)で今季2勝目をマーク。6回途中から須田、山﨑康、三上と繋ぎ、最後は新外国人のパットンが締めて来日初セーブをマークした。

 敗れた東京ヤクルトは、3回に雄平の犠牲フライとバレンティンの2号ソロで逆転したが、先発のオーレンドルフが捕まり、4回0/3を5安打4四死球5失点で降板。バレンティンは6回に2打席連続となる3号ソロを放ったが勝利には繋がらず、オーレンドルフが初黒星を喫した。