Baseball Gate

プロ野球

巨人、大竹寛が7回途中無失点…完封リレーで中日に勝利


巨人は4月16日、ナゴヤドームで中日と対戦。先発の大竹寛投手が7回途中無失点の好投を見せ、2-0で勝利した。

巨人の大竹と中日・先発の吉見一起投手がともに好投。6回まで両チームともに無得点が続いた。均衡が破れたのは7回表。巨人は走者二塁の好機を作ると、阿部慎之助内野手が適時打を放って1点を先制。9回表には、走者一、三塁の場面で、亀井善行外野手が適時打を放って貴重な追加点を挙げ、2-0とした。

投げては、大竹が7回途中まで投げて中日打線を無失点の抑える好投。後を継いだリリーフ陣も得点を与えなかった。対する中日は吉見が7回1失点の好投を見せるも、打線が沈黙した。

関連リンク