Baseball Gate

プロ野球

【牛島和彦の視点】坂本、下半身粘れるから体勢崩されても安打

 ◇セ・リーグ 巨人6―2中日(2017年4月15日 ナゴヤD)

<中・巨>7回1死二、三塁、右前適時打を放つ坂本

 坂本勇が放った4安打のうち、いい当たりだったのは初球の真っすぐを捉えた3回の右中間二塁打だけ。初回1死一塁での右前打はフルカウントでランエンドヒットがかかって立岡が走り、荒木が二塁へ入るのを見て狙って打った。

 逆転の足場をつくった6回の中前打、ダメ押し点を奪った7回の右前打は、いずれも追い込まれてからの外角の変化球。体勢を崩されながら、下半身で踏ん張ってバットに当ててヒットにした。中日バッテリーの攻めは外角中心。左腕の小川が3球続けて内角に投げ込んできた9回は遊ゴロに終わったように第1打席から内角を攻められていたら違った結果になったかもしれないが、下半身であれだけ粘れるのは状態がいい証拠だ。

 試合のポイントになったのは5回無死一、二塁での田口のビシエドへの投球。初球から3球内角真っすぐを続けて遊飛に仕留めた。チームは5連敗中。自分も今季まだ勝ってない。丁寧にコースを狙いすぎて苦しい投球になったが、あの場面で開き直って逆転勝ちを呼び込んだ。