Baseball Gate

プロ野球

オリックス強し!福岡ソフトバンクは4連敗で4カード連続負け越し!

ソフトB―オリックス  オリックスに連敗し、厳しい表情のソフトバンク・工藤監督(右端)=ヤフオクドーム【写真提供:共同通信社】


 オリックスが7対6で福岡ソフトバンクを下して敵地で2連勝。福岡ソフトバンクは今季初の4連敗となった。

 初回、福岡ソフトバンクの先発・攝津が先頭の宮崎に2塁打を許すと小谷野と中島にタイムリーを浴びていきなりの2失点。だが、3回裏に「攝津のために打った」という内川のタイムリーとデスパイネの移籍後初本塁打となる2ランが出て一気に逆転に成功する。

 しかし、いいムードに酔いしれたのも束の間、直後の4回表に攝津が先頭の中島に同点弾を献上。5回表には2番手の石川から小谷野がタイムリーを放って、再びオリックスが1点を勝ち越した。さらに6回表に2点、7回表にも1点を追加されるなど投手陣が4イニング連続で失点。四死球や暴投など投手陣のミスがことごとく失点に結びついたことも痛かった。

 オリックスは先発のコークが3回6安打3失点で降板したが、2番手の山﨑が好投で今季初勝利を挙げ、最終回を締めた平野が3セーブ目。対する福岡ソフトバンクは2番手・石川がプロ初黒星。チームは4カード連続の負け越しも決定。仙台遠征から始まった長いトンネルの出口が、なかなか見えて来ない。