Baseball Gate

プロ野球

坂本4安打&マギー2打点!読売巨人が連敗を5で止める!

中日―巨人  中日に勝利し、タッチを交わす坂本勇(右から2人目)ら巨人ナイン=ナゴヤドーム【写真提供:共同通信社】


 接戦を制した読売巨人が6対2で中日に勝利。マギーの勝負強い打撃で、連敗を5で止めた。

 先発は4月1日の同カード以来となる2度目のマウンドに上がった田口と、同8日の前回登板で8回1失点と好投を見せた若松。先制したのは読売巨人。初回、先頭打者・中井の四球に坂本が安打で好機を広げ、得点圏打率4割超えのマギーがセンター前にタイムリー。しかし、追いかける中日は3回裏、2死から安打と2つの四球で満塁の場面をつくり、藤井がセンター前に2点タイムリーを放ち逆転に成功した。

 2回以降を無失点に抑えられていた読売巨人だったが、6回表に一気呵成に攻めたてた。坂本と阿部の連打で無死1、2塁とすると、マギーがレフトフェンス直撃のタイムリー2塁打で同点。さらに、相手のパスボールで逆転とし、石川にも移籍後初打点となるタイムリーが生まれた。

 これで火がついた打線は7回表にも坂本のこの日4本目となるヒットがタイムリーとなり、さらに阿部も続いて2点を加点。継投は山口鉄から前日に敗戦投手となった宮國と繋ぎ、森福、マシソンの無失点リレーで危なげなく逃げ切った。チームの連敗を止める2打点の活躍を見せたマギーは「先制点を取って主導権を握ることが大事だった。チームが連敗を抜け出せて、ふたたび勢いに乗せるために大事な試合だった」と振り返った。
 
一方、今季初の連勝を逃した中日は、若松が6回に掴まり逆転を許すと、2番手・祖父江も2失点と堪え切れず苦しい展開に。打線も5回裏に無死1、2塁とした追加点の好機をモノにできなかったことが響いてしまった。