Baseball Gate

プロ野球

ヤクルト、投打がかみ合いDeNAに快勝…山田哲人が先頭打者弾


ヤクルトは4月15日、横浜スタジアムでDeNAと対戦。序盤から打線がつながりを見せるなど投打がかみ合い、7-2で快勝した。

ヤクルトは初回、山田哲人内野手が先頭打者本塁打を放って1点を先制。2回表には、走者一、二塁の好機を作ると、谷内亮太内野手が適時二塁打を放って2-0。続く1死二、三塁の好機で、先発の小川泰弘投手にも適時打が飛び出し、4-0とリードを広げた。

投げては、先発の小川が8回1失点の好投を見せ、勝利に貢献。対するDeNAは、先発の石田健大投手が6回5失点と誤算。打線は8安打を放つもあと1本が出なかった。

関連リンク