Baseball Gate

プロ野球

楽天、銀次の決勝打で日本ハムとの接戦を制す…美馬学が7回途中1失点


楽天は4月15日、Koboパーク宮城で日本ハムと対戦。銀次内野手の決勝打により、4-2で接戦をものにした。

楽天は0-0で迎えた5回裏、1死二、三塁の好機を作ると、嶋基宏捕手がスクイズを決めて1点を先制。6回裏にはペゲーロ外野手にソロ本塁打、銀次に適時二塁打が飛び出し2点を追加。その後、日本ハムの一発攻勢で1点差まで詰め寄られるも、8回裏には、島内宏明外野手がソロ本塁打を放ち4-2とリードを広げた。

投げては、先発の美馬学投手が7回途中1失点の好投を見せ、勝利に貢献。日本ハムは先発の有原航平投手が序盤は無得点に抑えるも、中盤で楽天打線につかまった。

関連リンク