Baseball Gate

大学野球

東大・宮台2回KO 「都立の星」慶大1年生右腕・関根智輝が初登板初勝利【東京六大学野球】

2回1アウトも取れずにマウンドを降りる宮台投手(東京大)=神宮球場

★慶大が岩見の特大弾などで逃げ切る
東京大vs慶應義塾大1回戦
東京大   000013001=5
慶應義塾大 33101100X=9
【東】●宮台、浜崎、川口、柴田、山下(大)—森田、三鍋
【慶】◯関根、伊藤(佑)、内村、菊地—郡司
本塁打:慶應義塾大・岩見《1回2ラン》、天野《5回ソロ》

 今秋ドラフト候補の東大・宮台康平投手(4年・湘南)が開幕戦に続き、先発のマウンドに上がったが、初回から慶大打線が襲いかかった。先頭打者の四球で出た走者を柳町達外野手(2年・慶應義塾高)が三塁打で返すと、続く4番の今秋ドラフト候補・岩見雅紀外野手(4年・比叡山)がレフトスタンド上段に飛び込む2ランで追加点を奪った。

 2回も宮台は制球が安定せず、無死から三者連続四球を与えたところで降板となった。このチャンスでも慶大打線は柳町と郡司裕也捕手(2年・仙台育英)のタイムリーで3点を奪った。
 この援護点を、1年生まがら先発に抜擢された関根智輝投手(1年・都立城東)が5回に山田大成内野手(4年・桐朋)のタイムリーで1点こそ失ったものの、5回5安打1失点で試合を作り、初登板初勝利を飾った。開幕投手の緊張感について報道陣から問われると、「開幕戦の重要さは登板前には分からなかったですが、終わってから感じました」と明るく笑った。

 一方、東大は中盤以降に粘り5点を奪ったが、序盤の大量失点が最後まで響いた。

◎慶應義塾大・大久保秀昭監督
「関根の先発は、林卓史助監督の推薦があり、試合を作れることで任せました。(先発投手としての役割を)十分に果たしてくれました。野手が早い回に宮台くんを降ろせたのが大きかったです」

◎慶應義塾大・関根智輝投手(1年・都立城東)
「3、4回辺りから落ち着いて投げることができました。(昨夏以来の神宮球場のマウンドは)去年まで硬くて好きじゃない印象でしたが、今日は気になりませんでした。以前は球速を追い求めることがありましたが、大学では普通の速さなのでコントロールを意識しています」