Baseball Gate

プロ野球

西武・辻監督 5失点の先発・十亀にガックリ「少し慎重になりすぎてしまった」

 ◇交流戦 西武4-9巨人(2019年6月12日 メットライフ)

初回から失点した十亀は険しい表情でベンチに戻る(撮影・尾崎 有希)

 西武先発の十亀は7回を投げ、被安打7、5失点の投球。5回以降はパーフェクトに抑えただけに、序盤の失点が痛かった。

 西武・辻監督は十亀について「ここ数試合良かったけれども、少し慎重になりすぎてしまってリズムが悪かった。5、6、7回、ああいうテンポで投げてくれたらな」とのコメント。5回以降の尻上がりの投球を見て、改めて期待を寄せていた。

 ▼西武・十亀のコメント 点を取ってもらっていたのに逆転されて不甲斐ない内容になってしまいました。昨日が完封勝利だっただけに、もう少ししっかりしないといけませんでした。