BASEBALL GATE

プロ野球

ソフトB高橋礼 無傷の5勝目 甲斐の一発に感無量「次も必ず打ってください」

 ◇パ・リーグ ソフトバンク5-1西武(2019年5月16日 ヤフオクD)

<ソ・西>5勝目を挙げた高橋礼は甲斐(左)、森(右)から祝福され笑顔(撮影・岡田 丈靖)

 ソフトバンク先発の高橋礼が自己最長となる8回を投げ、5安打1失点の好投で無傷の5勝目。決勝点となった“女房役”甲斐の一発に「感無量です」と笑顔。さらに「また次の試合も必ず打ってください。お願いします」と爽やかに“おねだり”した。

 チームの連敗を止めるためにマウンドに上がった高橋礼は「先に点をやらないように、ホームランを打たれても次のバッターを必ず打ち取るように切り替えて試合を作ることだけを考えていました」とコメント。

 自己最長8回110球の好投の要因として「真っ直ぐでしっかり押せたのが良かったと思いますし、テンポ良く投げることができたので試合時間も短く、帰って(皆さんも)ゆっくりできるんじゃないかと思いますね」と笑いを誘った。

 5回、中村に一発を浴びた場面に対しては「ホームラン打たれたのがインコースを狙った真っ直ぐだったので、次は投げ間違いをしないように厳しくシビアに攻めようと思いました」としっかり反省。最後に「今回はなかなか点が入らない中で自分も粘りのピッチングが出来ましたので、次もしっかり粘りのピッチングをして必ず6勝目手に入れたいと思います」と詰めかけた大勢のファンの前で宣言した。