BASEBALL GATE

大学野球

国学院大接戦制す 151キロ右腕・小玉好救援 V戦線残る

 ◇東都大学野球 第4週第3日 国学院大2―1駒大(2019年5月15日 神宮)

<国学院大・駒大>ロングリリーフで力投、無失点に抑えた小玉 (撮影・白鳥 佳樹)

 国学院大が接戦を制して勝ち点3とし、他力ながら優勝の可能性を残した。4回途中から3番手で登板した151キロ右腕・小玉が5回2/3を無失点。3回に4番・鎌仲の左翼線2点二塁打で挙げた先制点を守り抜いた。

 早めの出番で好救援し「準備はできていた。楽しく投げられた」と頼もしい。1年からリーグ戦を経験し、度胸満点の投球が持ち味。「目の前の一戦を勝って優勝につなげられたら」と力を込めた。