Baseball Gate

プロ野球

広島通算100本目のサヨナラ弾は主砲・誠也!5点差追いつき、延長戦制す「みんな諦めていなかった」

 ◇セ・リーグ 広島9―7ヤクルト(2019年5月15日 マツダ)

<広・ヤ>10回、サヨナラ本塁打を放ち、ナインからのウォーターシャワーを浴び笑顔の鈴木(左)(撮影・坂田 高浩)

 広島が主砲・鈴木誠也外野手(24)のサヨナラ2ランを含む2発&4安打5打点の大活躍で4連勝。ヤクルト、阪神と並んで同率2位に浮上した。

 2―7と5点を追う8回、鈴木がバックスクリーンへ12号ソロを放って4点差に迫ると、9回には鈴木の中前適時打、磯村の左前2点適時打で1点差とし、代打・小窪が押し出し四球を選んで土壇場で7―7の同点に追いついて延長戦へ。

 そして迎えた延長10回、1死からバティスタが四球で歩くと、鈴木は8番手・中尾が投じたフルカウントからの6球目を叩いてバックスクリーン左へ13号2ランを叩き込み、劇的なサヨナラ勝ちとなった。

 地鳴りのような大歓声の中、お立ち台に上がった鈴木は「最高で~すっ!」といつもの決め台詞。延長10回の打席に向かった胸中を聞かれると「もう覚えてません!最高です!」と再び大声で叫んだ。

 打った瞬間の感触については「最高で~す!」とこの日3回目の「最高です」で満面笑み。自らも適時打を放って4点差を追いついた9回の攻撃については「点差が開いてましたけど、みんな諦めていなかったですし、僕もチャンスで回ってきたので何とか後ろにつなごうって気持ちで打席に入ったので、ああいう結果になって良かったです」と冷静さを取り戻して振り返った。

 追い上げていくベンチの様子については「ずっと盛り上がってました」とし、「それよりもファンの皆さんがすごい声援をしてくれたおかげで、最後もこういう形で勝てたので…ありがとうございます!」といつも通りスタンドを真っ赤に染めた鯉党に感謝の言葉を送った頼れる主砲。

 チームの2位タイ浮上に「僕はあまり順位とか見てないのであんまり分からないんですけど…」と“天然ぶり”をさく裂させて場内の笑いを誘いながらも「本当にこうやって勝ちが続くってことはうれしいことですし、これからも負けないように1戦1戦頑張っていきたいなぁと思ってます」と柔らかな笑みを浮かべた。

 試合終了は午後10時半近かったが「スタンドを見てもすごい真っ赤ですし、ここまで時かかっているのに最後まで応援ありがとうございます」と再びファンに感謝した鈴木。「きょうは遅くまでありがとうございました。あしたは試合がないので皆さん、ゆっくり休んで、またあさってからの試合に全力で応援してもらえるようによろしくお願いします。まだまだシーズン長いので、1戦1戦しっかり頑張って選手たちやっているので、これからも温かい応援よろしくお願いします。ありがとうございました!」。最後まで礼儀正しいカープの頼れる主砲だった。

v