Baseball Gate

プロ野球

誠也 24歳にして山本浩二に並ぶ5本目サヨナラ弾 打率、本塁打、打点すべてセ・リーグトップに立つ

 ◇セ・リーグ 広島9―7ヤクルト(2019年5月15日 マツダ)

<広・ヤ>10回1死一塁、鈴木は中越えにサヨナラ本塁打を放つ(撮影・坂田 高浩)

 広島の若き主砲・鈴木誠也外野手(24)がヤクルト戦(マツダ)の延長10回、ヤクルト8番手・中尾からバックスクリーン左へサヨナラ2ランを放った。

 鈴木のサヨナラアーチは自身5本目で、プロ7年目の24歳にしてレジェンドである山本浩二に並ぶ球団最多タイ記録。球団通算100本目のサヨナラ弾となり、記録ずくめの一発となった。

 鈴木は5回にタイムリー二塁打、8回にバックスクリーンへ12号ソロ、9回に中前適時打も放っており、この日の成績は6打数4安打5打点。これで打率・347、13本塁打、32打点と打撃3部門すべてでセ・リーグのトップに立った。

v